株式投資

サイバーエージェント【4751】を最悪なタイミングで売ったクソダサい投資家は僕です。

冬野柊です。

表題の通りです。吐きそうです。

先ほど、4/28、【4751】サイバーエージェントの決算が発表されました。

結果は爆増決算で、高い予想をさらに上回る展開。明日以降の株価の上昇が見込まれます。

僕はウマ娘を一時期結構プレイしていましたし、決算が良いのはわかっていたので保有していたのですが、高値で200株つかんだ挙句、おとといの微妙な価格で売ってしまっていたのです…。

高値掴み

引用元:Tranding View

左側の矢印はウマ娘が改めて注目された時期です。3月の頭から中旬くらいまで。

リリース自体は2月なのですが、そこからYouTubeなどでの動画投稿が徐々にされ始め、3月の頭から注目度が大きく跳ね、株価も上昇していきました。

少しの調整を挟み、右側の矢印である4月の1日に年初来高値の2077円を記録しているのですが、あろうことかここで買いました。

100株は2059円、もう100株は2030円というかなりの高値掴みです。

前日の高値を大きく超えたうえ、年初来高値で上昇の阻害になる要因もなく、4月末の決算に向けてさらなる上昇を期待したからですが、ここで買わなきゃ買えなくなる、と焦って買った節もあります。典型的な損するエントリーの仕方でした。

また、下の画像を見てもらいたいのですが、今振り返ってみると、MACDがクロスしたのは3月15日ごろ。

MACDとは、移動平均線をより直近の動きを表すように変更した二本の線で、クロスしたところをトレンドの転換とすることがあります。

4月にはそこから大分経っていたので、MACDを見れば入るのが遅い、押し目を待つべきと思えたかもしれません。

引用元:Trading View

またRSIも高値掴みを示唆しています。

下の画像をご覧ください。矢印で書いた4月1日はRSI、69を示しています。

この数値は過去の推移を見ても買われすぎです。

これをしっかり意識できていれば、押し目を待つ判断もできたと思います。

RSIは買われすぎ、売られすぎを判断する指標です。

一般に30以下で売られすぎ、70以上で買われすぎと判断されます。

引用元:Trading View

含み損に耐えられず

そこからは調整に入り、1900円から2000円で推移しました。

寄り付きはいつも上がるのですが、一日かけて落ちていく日が何度も続きました。

いくらウマ娘がすごいとはいえ、売上が大きく伸びているのは各所で言われていましたから、決算がでたら好業績でも材料出尽くしとなり、下げるのではないかと見ていました。

なので、決算期待で伸びてきたところを売り逃げようと思っていました。

しかし決算を前にしても上がらず、決算二日前の26日に1945円で200株売却しました。

2万くらいの損失になりました。

爆絶決算を発表

引用元:株探

そしてとんでもない決算を出してきました。

売り上げ高26%増もすごいですが営業利益がなんと2.1倍。

スマホゲームはアプリをリリースしてしまえば売れれば売れるだけ利益が大きく出ますし、コストがかかりにくい事業です。

さらに右の修正一株益(EPS)も3.3倍と、とんでもないくらい上げてきています。

最近は期待されるあまり、好決算でもよほどでないと株価が下がる展開が多かったですが、さすがに今回は良すぎるので株価も上がっていくでしょう。

本日終値は1950円でしたが、現在のPTSは2159円と200円近く爆上げしており、明日の寄り付きも大きく上がると思います。

PTSとは、取引所の時間外でも取引ができるサービス。SBI証券などで利用できる。

引用元:SBI証券

反省

正直、売ってしまったのは仕方ないというか、決算またぎは運ゲーのようなところがあるのでまだ仕方ないと思います。

ここ一か月のサイバーエージェントの取引で失敗したのは、利益を焦って高値掴みしてしまったことです。冷静にオシレーターで分析する大切さを知りました。

自分のルールを明確にして冷静に取引することを改めて意識しようと思います・・・。

それでは✋

 

 

 

 

↓株式投資、仮想通貨やニュースについてツイートしているのでよかったらフォローお願いします。記事についてのご質問等もお答えさせて頂きます。

それでは✋

ABOUT ME
冬野柊
全世界株+金が最強タッグと信じて集中投資(全世界株7割・金3割) 0からの資産形成で30歳のFIREを目指し、会社に縛られない生き方を模索したい24歳 早稲田大学卒 外資系J&J勤務 ブログで株や仮想通貨に関する情報、投資のトレンドニュースなど書いてます。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});