株式投資

S&P500とオールカントリーを両方買うのは間違いである2つの理由【全世界・米国】

冬野柊です。

eMAXIS Slimシリーズなどで人気商品である

全世界株(オールカントリー)米国株(S&P500)、このどちらが長期投資の対象に最適なのか、というのはよく議論の対象になります。

そんな中で、この終わりなき争いに疲弊した投資家の中には、どっちも1:1で買う、という選択をしている方がいるようで、そういった買い方を推奨している記事も検索しているといくつか見つかりました。

これに対して、私ははっきりとNOだと言いたいです。米国株、全世界株両者とものメリットをつぶすことになりかねないからです。それについて今回は解説していきます。

先に結論

迷ったからといって全世界株と米国株を両買いするのはNG!全世界の分散効果が失われてしまい、時価総額加重平均のバランスが崩れるため。

どちらかに決められないほど迷うなら全世界株にすべき。

それぞれのメリットとは?

そもそも、全世界株(オールカントリー)米国株(S&P500)を投資するそれぞれのメリットとは何なのか前もっておさえていただければと思います。

米国株のメリット

S&P500に集中投資するメリットは、世界最大の大国で、GAFAMを有する米国だけに投資することができる点です。

ここには低成長の日本やヨーロッパ諸国や、政治不安の残る新興国が含まれておらず、最も有望な米国に集中投資することで恩恵を受けることができます。

特にここ10年はGAFAM(グーグル・Apple・フェイスブック・アマゾン・マイクロソフト)に代表される時代で、全世界株のパフォーマンスを大きくアウトパフォームする結果になりました。こんな素晴らしい米国の恩恵を全身で受けられるのが米国株に長期投資するメリットです。

引用元:Trading View

全世界株のメリット

全世界に幅広く投資するので、世界経済の成長とともに資産を増やすことができるのがメリットです。世界の経済が右肩上がりであれば資産は増えていきます。

国は49か国に分散されているので、米国株はアメリカがオワコンになる時代が来たら丸ごと低迷しますが、全世界株ならば国が分散されているのでアメリカの低迷の直撃を避けることができます(とはいえ半分以上を米国が占めているのでダメージは小さくありませんが)。

また、今は注目されていない新興国などが2010年からのアメリカさながら急成長を遂げることになっても、しっかりとその恩恵を享受することができます。

引用元:三菱UFJ国際投信

ここからは全世界株(オールカントリー)米国株(S&P500)両方買いのデメリットについて書いていきたいと思います。

デメリット①ただの米国の多いポートフォリオになる

上で乗せた画像の通り、全世界株といえど経済をけん引する米国の存在は大きく、全体の56%を占めています。

米国株はもちろん100%米国株ですから、

これらを組み合わせると、8割くらいが米国の米国偏重ポートフォリオになります。

ここまで大きく米国を含めるのであれば、米国の未来を信じて、米国が数十年の停滞に入ったときには米国とともに心中する覚悟が必要になります。そもそも、それだけ米国を信じられるのであれば初めから米国株100%に投資しておけばよいだけです。

また、全世界株のメリットであるところの、世界分散による固有国リスクの低減といったメリットもこれだけ米国が大きいと失われてしまいます。

デメリット②そもそも値動きが同じ

分散の観点から全世界株米国株を買っているという意見もありますが、前述のように全世界株の大半が米国株なので、現時点では分散投資になりません。

下の図を見てみてください。オレンジが米国株(S&P500)の値動き、青が全世界株の値動きを表しています。

グラフの動きを見るだけでも同じような動きをしているのがわかりますが、さらにその下の青のグラフを見てください。

これは相関係数というもので、MAXの相関係数1に達していると二つの価格は同じように動き、相関係数0に近づくほど値動きの連動性はなくなるというものです。

これまでの10年は、全世界株米国株の相関係数が極めて高く、同じように動いていることがわかります。

引用元:Trading View

したがってこれらを同時に買ったとしても、暴落ではどっちも下がり、バブルではどっちも騰がり、なんの分散効果も得られないということになります。

ちなみに、勘の良い方だとここまで聞いて、同じように値動きするなら全世界株と米国株どっちを選んでも同じではないか?と思われるかと思います。

それは今は正しいですが、未来はその限りではないと言えます。今、世界の時価総額の半分以上は米国で構成されているため、全世界株も大半が米国で、結果米国と同じように動いています。

しかし、何らかのクラッシュが起こって、アメリカがオワコンになり、例えば中国が世界のトップになった時、全世界株を構成する銘柄の大半は中国になり、中国の指数と連動するようになります。

一方、米国株は今後常に米国の株価と連動し続けますので、その頃には全世界株米国株の相関係数は低下しているということになります。

全世界株米国株どちらを選ぶべきかについては以下で考察しています。

【2021年版】eMAXISオールカントリーとS&P500はどっちが良い?【全世界株式vs米国株式】全世界と米国投資で迷っている方必見。それぞれの性質、過去成績、積立NISAではどうすべきかについて解説。実は成績が良い米国株より長期的には全世界株がおすすめです。全世界株式・オールカントリーに投資して長期的に資産を増やす方法について解説しています。...

デメリット③現代ポートフォリオ理論に反する

現代ポートフォリオ理論というのをご存じでしょうか。

1990年、ハリー・マーコヴィッツという経済学者によって提唱された理論で、ノーベル経済学賞を受賞した理論になります。この理論によると、「時価総額の加重平均に投資することで、最もリスクを下げて効率的なリターンを出せる」とされています。

時価総額の加重平均というのは、時価総額に応じて指数における割合を変えることです。例えば、S&P500であれば、最も時価総額の大きいAppleの割合が最も多いです。

このように、時価総額に応じて割合を変えて投資することこそが正解だと理論では提唱されていて、全世界株(オールカントリー)米国株(S&P500)も時価総額の加重平均の指数となっています。

しかし、これらを両方買いしてしまうと、米国株が重複するので、時価総額の加重平均に投資する、といった基本の考え方が崩れてしまうのです。

全世界株(オールカントリー)米国株(S&P500)は単体で完成された商品であるのに無理やりくっつけてしまうと、ラーメンにカレーライスをぶち込むがごとく、バランスが崩壊してしまうのです。

結論

全世界株(オールカントリー)米国株(S&P500)のダブル買いは、全世界の分散効果が薄れるうえ、時価総額の加重平均という原則が崩壊するので良くありません。

そもそも、そういう買い方が良いのであれば米国株全世界株が組み合わさったものが商品として出されているでしょう。

この二つの投資対象をどちらにするか決められないということは、米国の未来に全幅の信頼を置けないということだと思いますので、それであれば全世界株にしておくべきです。逆に米国株が最強と信じられるのであれば、米国株を買っておけばよいでしょう(ただし、数十年信じ続ける必要があります)。

今回の記事は以上です。

株式投資、仮想通貨やニュースについてツイートしているのでよかったらフォローお願いします。記事についてのご質問等もお答えさせて頂きます。

ABOUT ME
冬野柊
全世界株+金が最強タッグと信じて集中投資(全世界株7割・金3割) 0からの資産形成で30歳のFIREを目指し、会社に縛られない生き方を模索したい24歳 早稲田大学卒 外資系J&J勤務 ブログで株や仮想通貨に関する情報、投資のトレンドニュースなど書いてます。
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});